理念

  1. 病院において多様な病態を呈する患者に、包括的かつ柔軟に対応できる総合的診療能力を有する医師を育成する。

  2. 必要に応じた複数の診療科、また介護、福祉、生活等の分野と連携・調整し、全人的に対応できる医師を育成する。

  3. 地域包括ケアシステムにおける医療と介護の連携の中心的役割を担うことが出来る医師を育成する。

  4. 多職種をまとめチーム医療を推進できる医師を育成する。

  5. 総合的な病院経営・管理の能力があり、病院だけでなく地域の医療にも貢献できる医師を育成する。