研修の評価と取得できる資格

【研修の評価方法】
病院総合医が、質の高い総合診療について誇りを持って行えるよう、その質を担保するために、 日本病院会認定の「病院総合医育成プログラム基準」に沿った評価方法を用いて研修評価を行う。

  1. 病院総合指導医及び病院管理者が、病院総合専修医チェックリスト及び到達目標で示す5つのスキルに関するレポートを確認・評価し、日本病院会の病院総合医認定委員会へ提出する。
  2. 日本病院会の病院総合医認定委員会は提出された評価内容について審査し、評価基準を満たしたと判断された場合は認定する。 
  3. 審査の結果、達成度が不十分と判断された場合は、期間を延長して研修を行い、また必要があれば自院外での研修を行った後、再申請する。

【取得できる資格】
一般社団法人日本病院会の認定する「日本病院会認定病院総合医」の資格を取得できます。