リハビリテーションセンター

 

 

リハビリテーションセンター 

センター長 小川 清洋

(リハビリテーション科専門医)

 

 

 

 

御挨拶

昭和病院では、回復期リハビリ病棟をはじめ地域包括ケア病棟など亜急性期・回復期から維持期の入院リハビリテーション、更には訪問リハビリ・通所リハビリ等の様々なリハビリテーションを提供しています。近年リハビリテーションの傾向として、中枢神経系の可塑性に関する知見を基にしたニューロリハビリテーションが臨床応用されるようになっています。昭和病院では、片麻痺上肢機能に対してIVES(随意運動介助型電気刺激装置)の使用やtDCS(経頭蓋直流電気刺激)療法の臨床研究、歩行障害に対して大学研究室と共同でロボティックウェアの開発などに取り組んでいます。

今後も更なる臨床成果を上げるべくニューロリハビリの臨床導入を進め、地域の皆様のニーズに応えられる、リハビリテーションの“質”を追求していきます。

 

リハビリテーションセンターについて

リハビリテーション科専門医を中心に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、健康運動指導士、臨床心理士が、医学的エビデンス(根拠)に基づき対象者の状態に合わせた最適・最新のリハビリテーションの提供に努めています。

各スタッフが皆様のご要望をしっかりと聴取した上で、現在の状態と退院後の生活を照らし合わせながら、おひとりお一人にあったゴール設定と最適なプログラムを作成します。 入院から退院後の生活まで切れ目無くリハビリを提供し住み慣れた場所での生活をサポートします。

 

 

~笑顔をあきらめない! 一人ひとりの様々な要望にお応えします!~

 

 

特定医療法人茜会 昭和病院083-231-3888診療時間 9:00-17:20 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください。お問合せ専用メールはこちら