病棟・館内のご紹介

迷ったり、わからないこと等がございましたら、総合受付にお声かけください。

昭和病院では、患者さんのさまざまな容態に対応できる各種病棟を準備し、個々のニーズに応じた適切な医療を提供しています。

 

※画像をクリックすると大きくご覧になれます。

 

<急性期>

 

一般病棟(46床)

一般病棟は急性期の患者さんの治療、慢性疾患が増悪した患者さんの疾病コントロールを目的とした病棟です。

多職種によるカンファレンスにより、患者さんの退院後の生活までサポートします。

 

<回復期>

 

回復期リハビリテーション病棟(54床)

脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの患者さんが在宅復帰できるよう、日常生活動作(ADL)の向上を目指し、回復期における専門的・集中的なリハビリテーションを行う病棟です。

各スタッフが共同でリハビリテーション総合実施計画書を作成し、クリニカルパスの活用等、個別性のある質の高い医療サービスを提供します。また、院内における365日体制でのリハビリテーションのほか、専門スタッフによるご自宅等への訪問指導も実施し、在宅復帰支援に努めています。

 

地域包括ケア病棟(60床)

60日以内での治療と生活に寄り添ったリハビリテーションにより充実した在宅生活が送れるよう支援する病棟です。

生活の場面でのリハビリテーションを中心として、基礎的な体力や摂食・嚥下機能の向上リハビリ、自宅での自主練習指導やご家族への介助指導、住宅改修のアドバイスなどを、院内の多職種が共同して提供します。また、ケアマネージャーを中心に地域内の多職種協働を活性化し、患者さんが円滑に在宅復帰できるようサポートします。

 

 

<維持期、慢性期>

 

障害者病棟(58床)

脊髄損傷等の重度障害者や重度意識障害者、筋ジストロフィー・神経難病患者さん等が入院する病棟です。

個々のニーズに合った適切な医療・看護を行い、安心できる環境を提供します。

 

特殊疾患病棟(60床)

重度障害、重度意識障害、神経難病等により長期にわたり療養が必要な患者さんが入院する病棟です。

患者さんの立場に立ち、一人ひとりの状態にあったチーム医療を提供します。

 

医療療養病棟(60床)

医療の必要性が高く、療養が継続的に必要な患者さんが入院する病棟です。

質の高い安全な医療・看護を提供するよう努めています。

 

介護療養病棟(60床)

長期にわたる高度な介護が必要な患者さんが入院する病棟です。

患者さんの生活の質(QOL)を高めるため、日々の生活援助を行い、患者さん及びそのご家族への安心を提供します。

 

特定医療法人茜会 昭和病院083-231-3888診療時間 9:00-17:20 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください。お問合せ専用メールはこちら