医療従事者の職業倫理および臨床倫理に関する方針

<昭和病院職員としての倫理綱領>

 昭和病院の職員は(以後医療従事者とする)、患者としての尊厳を維持し、患者の健康で幸福であることを願って行動する人を抜擢している。 それ故職員は、このような患者の普遍的なニーズに応え、患者の健康な生活の実現に貢献することを使命としているだけでなく、尊厳死に面した場合医療従事者は本人と家族との掛け橋となるように行動する事をモットーとする。医療従事者は、あらゆる年代の個人、家族、集団、地域社会を対象とし、健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復、苦痛の緩和を行い、生涯を通してその最期まで、その人らしく生を全うできるように援助を行うことを目的としている。医療従事者は、昭和病院によって医療従事を実践する権限を与えられた者であり、その社会的な責務を果たすため、実践にあたっては、患者の生きる権利、尊厳を保つ権利、敬意のこもった医療を受ける権利、平等に医療を受ける権利などの人権を尊重することが求められる。

 昭和病院の『職員全体の職業倫理』は、病院の現場で実践を行う医療従事者を対象とした行動指針であり、自己の実践を振り返る際の基盤を提供し、また、医療従事者の実践について専門職として引き受ける責任の範囲を、昭和病院に対して明示するものである。

 

<職員全体の職業倫理>

 

1.私は、医療への奉仕に全力を投入します。

2.私は、良心と尊厳をもって全ての患者に接します。

3.私は、患者の秘密を守ります。

 

<臨床倫理に関する方針>

 

 当院は病院の理念、基本方針、患者の権利(義務)および医療の倫理に基づき、患者にとって最良と思われる医療を提供します。

 癌の告知、尊厳死、移植のための臓器提供、致死的状態における蘇生の拒否、宗教上医療行為の一部制限など臨床倫理に関わる事項は、患者のご意思を尊重することを基本方針としております。希望される場合は、主治医にお申し出下さい。話し合いにより患者ごとに納得のいく最良の方針選択に努めます。なお、場合によっては、当院倫理委員会で審議することをご了承下さい。

1.       医学的適応を確認し、公平、公正で質の高い医療を提供します。

2.       患者の権利ならびに意思を尊重します。

3.       患者に医療内容や必要な事項について、説明義務を果たします。

4.       患者の個人情報の保護と守秘義務を徹底します。

5.       生きることの質(QOL)を考慮に入れた医療を提供します。

6.       患者を取り巻く状況を努めて把握します。

特定医療法人茜会 昭和病院083-231-3888診療時間 9:00-17:00 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください。 お問合せ専用メールはこちら