先輩の声:VOICE-4【介護福祉士】

100%の信頼に応える介護がやりがい

藤原 清美 医療療養病棟 【平成23年度採用(キャリア採用)】

40代で、新しくやりがいある仕事へ挑戦

25年間、美容師として働き、40歳を過ぎて転職しました。

「このまま50代を迎えるのかな」「もっと人を喜ばせる仕事、役に立つ仕事をやってみたい」と考えていた時に、昭和病院に勤めていた友人に、仕事の内容から職場の雰囲気まで色々な話を聞いたのです。

そこで介護の仕事に興味を持ち、「みんな明るくて良い方ばかりだから、すぐになじめると思うよ」の一言に背中を押されて、入職を決めました。

 

家族のように、一番近い存在として

病棟では、認知症の患者さんを担当しています。

介護職員は患者さんの一番近くにいるので、気楽に話しかけてもらえるように日頃からコミュニケーションを取り、家族の一員として頼っていただけるように気を付けています。

観察や声掛けを行い、体調の変化に気を付けます。

毎日のレクリエーションも、歌や体操・折り紙など、スタッフであれこれ内容を相談しながら行っています。

 

病棟いっぱいに、笑顔と安心を広げる

もちろん、患者さんのご家族や面会の方へも、失礼のない接遇を心掛けています。

遠方にお住まいだったり、なかなか来られない方も多いので、「今、症状はこんな感じですよ」と分かりやすくご 説明しています。

難しい顔をしていると「こんな人に預けているのか」と不安に思われるので、いつも笑顔でいることも大切です。

患者さんも、笑顔で話しかけると笑顔で応えてくれるんですよ。

 

今でも忘れられない、ご家族からの言葉

長く寝たきりでいらっしゃって、亡くなられた患者さんのご家族に「母の最期がこの病棟で本当に良かった。

実の家族のようにしていただいて、本当にありがとうございました」といわれたことは、今でも心に残っています。

「家族にも見せない表情をしてくれたんです」「こんなに笑ってくれなかったのに」の言葉には、私も力になれたのかな、と嬉しく感じました。

大切なご家族ですから、私にとっても家族のように、といつも考えています。

 

グループ・地域・職員同士の連携が自慢

病院としては、グループの各施設との連携に加え、地域の方々とも密着した関係を築いている点が自慢です。

清掃のボランティアやお祭りへの参加(出店や平家踊り!)では、みんなで一丸となって取り組みます。

職員同士のコミュニケーションも盛んで、たくさんのクラブやサークルがあるのも魅力です。

また、学校行事など希望休暇がとりやすく、1週間のリフレッシュ休暇を使って旅行もできるため、家族との時間も大切にできています。

 

「できる」「やりたい」の想いを信じて

初めは何もわからず大変でしたが、上司や先輩方のアドバイスに支えられて、頑張ることができました。

今では、やりがいのある仕事に出会えて本当に良かったと思っています。

また、私の姿に、娘も看護師をめざす道を選びました。

ターミナルケアや接遇も学んで、さらに成長できたら嬉しいです。

私もできたのですから、どうぞこれから入職される方も、安心して飛びこんできてください!

 

 

 

特定医療法人茜会 昭和病院083-231-3888診療時間 9:00-17:20 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください。お問合せ専用メールはこちら