先輩の声:VOICE-3【薬剤師】

チーム医療を支える薬剤業務をめざす

柳井 春香 薬剤課 【平成25年度採用(新卒採用)】

憧れの「薬剤師さん」になりたくて

小さな頃から、私にとって調剤薬局は身近な存在でした。

実家の前に大きな病院があり、祖父母が病気を患っていたので、よく通っていたのです。

毎回、笑いかけてくれる薬剤師さんに憧れて、「自分も薬剤師になりたい」と考えるようになりました。

昭和病院へ入職を決めたのは、「地域医療に貢献しながら、慢性期における薬物治療について学びたい」と思ったからです。

海の見える景色、院内の雰囲気の良さも決め手でした。

 

抜群のチームワークで、勉強の日々

薬剤課では、薬剤師4名、助手4名、事務1名のスタッフの一員として仕事をしています。

「誰でもどんなことでも対応できるように」と、幅広く業務を経験させていただけることにやりがいを感じています。

わからないことは、自分で調べたり、メーカーに問い合わせるほか、先輩に聞いて解決!

院内では薬剤師が医師や看護師の方々 から相談を受ける場面も多く、早く私もチーム医療の中で役に立てるように頑張る日々です。

 

自分が患者さんだったら…と考える

仕事で常に意識しているのは、「今、自分が調剤している薬の向こうには患者さんがいらっしゃる 」ということです。

たとえば、患者さんへ処方する薬は機械を通じて分包される ため、傷が入っていることがあります。

でも自分が患者さんだったら、飲む時に傷があるのはいやだと思うので、毎回、状態を確認してお出しするようにしています。

ささいなことですが、ささいなことが大切だと考えています。

 

やさしい言葉で、わかりやすい説明を

また、入院時の薬の切り替えの説明も大切な仕事です。

今までと違う薬には、多くの患者さんが不安や戸惑いを感じられます。

そこで、難しい言葉はできるだけ使わずに、笑顔で、患者さんの疑問に応えるように<分かりやすく・丁寧に>説明することで、安心した表情を浮かべられ、納得していただけると「良かったな」と嬉しく感じます。

 

経験を積んで、もっと勉強したい

今はまだ失敗もするけれど、皆さんに「いてくれて助かるよ」といっていただけるので、それを励みに、一生懸命に頑張っています。

経験も知識も豊富な先輩方のように、電話で問い合わせを受けても、すぐに応えられるよう、もっともっと知識を身に着けたいですね。

また、緩和医療や感染対策、栄養管理について、研修会などを通して勉強したいと考えています。

 

ONもOFFも充実させて長く働く

ちなみに、休日は「隔週土曜日、日曜、祝日」です。休みが決まっているので先の予定が立てやすく、友人と会ったり、趣味を楽しむ時間もとれるのが嬉しいです。

まわりの先輩方もONとOFFを上手に切り替えされている方が多く、OFFの時間も充実させることが、良い仕事につながるのだと思います。

とても働きやすく、産休や育休の制度もあるので、ここで長く活躍したいです。

 

 

 

特定医療法人茜会 昭和病院083-231-3888診療時間 9:00-17:20 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください。お問合せ専用メールはこちら