先輩の声:VOICE-1【看護師】

妻になり、母になっても現役で活躍!

笠井 奈津美  回復期リハビリテーション病棟【新卒採用)平成12年度採用】

穏やかに最期を迎える支えになりたい

小さな頃から祖父母と同居していて、私はおじいちゃん・おばあちゃんっ子でした。

高校時代にボランティアで介護施設の手伝いをして、ターミナルケアや緩和ケアの本を読んだことから、高齢者医療に興味を持つようになりました。

決定的だったのは、『看取り看護』の実習で、病院で人生の最期を迎えられる方の多さに直面したこと。

「私も少しでも支えになりたい」と思い、昭和病院に入職しました。

 

チーム医療で実現する理想のサポート

当院の魅力のひとつは、職種間の連携がとれているところです。医師、看護師、リハビリスタッフ、管理栄養士、歯科衛生士…と、みんなの支えでひとつの問題を解決していくのです。「あの患者さんは、どうしたら歩けるようになるだろう?」など、全員が患者さん一人ひとりに向き合い、声を掛けあいながらチーム医療を進めます。「足が痛い」というと、リハビリスタッフが診てくれることもあり、フランクな雰囲気で働きやすいです。

 

今日から明日へ―小さな喜びをちりばめて

病棟では「どうして伝わらないのだろう」と落ち込んだり、悔しく思うこともありますが、患者さんが一生懸命にリハビリされる姿をみると、弱音も吹き飛びます。

寝たきりの患者さんが自分で歩けるようになる、といった『0から100』の変化でなく、昨日と今日の変化が幸せなのです。

「今日は少しだけ口に含むことができた」「昨日よりも膝を曲げることができた」など小さな喜びを、患者さんやご家族と一緒に積み重ねています。

 

院内外で学び、成長できるチャンス

また、職場として、院内外の研修や学会にどんどん参加させてくれるところも魅力です。

私は、上司に「これに行ってみない?」と薦められ、参加したことで興味が広がり、知識が増え、世界が拓けました。

現在は、教育委員としてラダー別教育の充実に取り組む一方、これから摂食嚥下について学び、いつかは認定看護師の資格も取りたいと考えています。

研修や学会への参加は、目標やめざすところへたどり着く力になると思います。

 

「妻」「母」としての時間と「仕事」を両立

私は、産休・育休制度も利用させていただきました。

1年半も現場を離れ、復帰後は不安もありましたが、看護部長や次長・課長をはじめ、多くの方にサポートしていただきました。

院内保育園で子供を見てくれるので心置きなく仕事ができ、「夜勤が難しい」という勤務希望にも対応していただけるのは、とても助かっています。

妻や母としての先輩も多く、「献立は?」「子どもはどこに遊びに連れて行く?」など相談できるのも嬉しいです。

 

看護師として、自分のめざす姿に向かって

当院は慢性期医療が中心ですが、一般 病棟もあるため、看護師として幅広く、トータルで経験を積むことができます。

また、学ぶ場が多く、成長をサポートしてくれる環境も整っているため、自分のペースで、目標やビジョンをみつけながら、歩んでいくことができます。

あなたの夢や目標も、みんなで応援するので、ぜひ当院 で形にしてください。

 

 

 

 

 

特定医療法人茜会 昭和病院083-231-3888診療時間 9:00-17:20 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください。お問合せ専用メールはこちら