神経難病センター

 

神経難病センター

センター長 橋口 英志(神経内科医)

 

 

日本神経学会専門医・指導医

日本内科学会認定医

山口県回復期リハビリテーション病棟研究会会長

 

御挨拶

脳や脊髄など神経や筋肉などに関わる病気のうち、はっきりした原因がわかっておらず、治療法が確立されていない難治性の病気を神経難病といいます。代表的な疾患に、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などがあります。発症すれば一生のつきあいになるため、診断から終末期まで、一貫したケアが必要な病気です。一般に神経難病の多くは慢性に経過し、徐々に進行してゆき、肢体の不自由を余儀なくされ、患者さんやご家族の方々は、精神面でも経済的にも、社会的にも大きな負担を強いられます。加齢の影響もありますし、合併症も起こります。予防もできません。ただし、原因は解明されていないものの、生活を送りやすくする治療や、一定の効果のある薬などが少しずつ開発されてきています。またリハビリテーションも重要です。当院では経験豊富なスタッフが、チーム医療をもとに専門的なケアとサポートを提供します。

 

 

神経難病センターについて

パーキンソン病・筋萎縮側索硬化症(ALS)・重度の肢体不自由者・重度意識障害者の方に入院して頂く病棟です。

人工呼吸器装着など医療度の高い患者も入院しており、機器の管理は臨床工学技士と共に行っています。

常に、私たち看護師は、患者が自分らしく充実した入院生活を送れるよう、コメディカル(医師・薬剤師・栄養士・療法士など)と連携を図りながら入院生活をサポートしています。また患者・家族と同じ視点に立ち、患者中心の全人的ケア・質の高い個別性の看護が提供できるよう、日々業務に励んでいます。

 

 

 

   臨床工学技士 医師 看護師 医療相談員

 

特定医療法人茜会 昭和病院083-231-3888診療時間 9:00-17:20 [ 土(午後)・日・祝日除く ]

お気軽にご相談ください。お問合せ専用メールはこちら