訪問診療案内(吉水内科)

訪問診療案内

 

訪問診療とは、在宅での療養を希望される方が、ご自宅や入所施設などの住み慣れた環境で生活しながら療養できるよう、医師が居住場所を直接訪問し、必要な医療を提供するサービスです。

 

 先ずはご相談から

「寝たきりになり通院が困難になってしまった」、「介護施設や入院よりも住み慣れた自宅で療養をしたい」などのようにお困りの方がご自宅でも医療が受けられるよう医師と看護師が定期的に訪問し、診察、薬の処方、血液検査などを行います。

患者さんの診察だけでなくご家族が抱く様々な不安への対応や介護に関する指導・助言を行います。 対象となる方は、通院が困難で在宅での療養を希望される方です。具体的には、高齢の方で脳卒中の後遺症などで移動が困難な方などです。先ずはお気軽にご相談下さい。

 

 訪問診療で対応可能なこと

点滴、胃ろう、腸ろう、経管栄養、糖尿病などの自己注射、在宅酸素療法、膀胱留置、気管切開カテーテル、疼痛コントロール、床ずれの管理などがあります。これら以外にも対応可能な場合がございますので、ご相談下さい。

 

 訪問診療と往診の違い

「訪問診療」と「往診」はどこが違うの?という意見をよく耳にします。どちらも医師に病状を診てもらう点では変わりがないのですが、全く違った医療サービスです。

訪問診療については先述したとおりですが、往診は通院が困難な患者さんの要請を受けて医師がその都度診療を行うことをいいます。

突発的な病状の変化に対して、救急車を呼ぶほどでもない場合など、普段からお世話になっているドクターにお願いして診療してもらうもので、困った時の臨時の手段です。

 

 訪問診療を利用するにあたって

先ずはお電話をいただくか、担当のケアマネージャーや入院・通院先の医療相談員を通じて連絡をお願いします。その後当院の担当者から面談の日程調整をさせていただきます。 その際に訪問診療の医療費などにつきまして事前に詳しくご説明します。