目的別リハビリテーションQ&A

[質問] どういう手続きで入院できますか?

[回答] まずは昭和病院医療連携室へご相談ください。(083-222-1782)その後、かかりつけ医の紹介状を持参の上、1度外来受診という形で現在の状態確認やご要望を聴取し、担当医師、看護師、リハビリスタッフ、医療相談員、ご本人・ご家族と一緒に話し合い、方針やコース、入院期間、入院日を決定するというのが基本的な入院までの流れになります。

[質問] リハビリの期間は最大どれくらい受けられますか?

[回答] 最大2ヵ月間です。

[質問] どの職種がリハビリしてくれるのですか?

[回答]理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がそれぞれのコース内容と目的に合わせてチームで関わります。病棟での自主練習を主体としたナースリハビリや機械での軽運動を主体としたパワーリハビリも併用して、家に帰ってからも自主練習を習慣化できるように入院時から指導しています。入院生活中に活動量を担保して積極的にリハビリテーションに取り組んでもらいます。

[質問]目的別リハビリテーションのコースの併用は可能ですか?

[回答] ①ボツリヌス療法+歩行コース(可能)
②ボツリヌス療法+上肢コース(可能)
③歩行コース+上肢コース(不可)
① 、②のような組み合わせは可能です。③のような併用は、1つの項目に短期的に集中してリハビリテーションを提供するために実施しない方針となっております。

[質問] 退院してから、もう1回目的別リハビリを受けられますか?

[回答]期限いっぱいの2ヵ月間入院した場合、退院後3ヵ月期間を空けることで再入院可能となります。